システムエンジニアを辞めたいと感じたら取るべき行動や転職を成功させるコツを解説

※当サイトでは、アフィリエイト広告を利用しています。

システムエンジニアの仕事がつらい

システムエンジニアからの転職を成功させるには?

IT技術の成長が著しい現代は、システムエンジニア(SE)の存在が欠かせませんが、常に学習し続けたり、業務量に対して給料が低かったりが理由で辞めたいと考えている方も多いです。

システムエンジニア(SE)を辞めたいと考えた場合は、すぐに辞めるのではなく、システムエンジニア(SE)の将来性に目を向けるなどしてよく考える必要があるでしょう。

また、よく考えたうえでシステムエンジニア(SE)を辞める決心をした場合は、転職を成功させるコツを確認しておくと安心して転職活動に臨めます。

本記事では、システムエンジニア(SE)を辞めたいと感じた場合に取るべき行動や、転職を成功させるコツについて詳しく解説します。

この記事でわかること
  • システムエンジニア(SE)は労働環境や人間関係が原因の場合は辞めるべきかどうかよく考える
  • 入社してからすぐに転職を繰り返すと転職が不利になる
  • 社員を大切にしない企業は辞めるべき
  • IT業界は多重下請け構造であり、下位層になるほど単純な作業が多い
  • システムエンジニア(SE)は将来性が高い職種
  • システムエンジニア(SE)を辞める場合は身につけた経験・スキルが活かせる職種への転職がおすすめ
  • 転職理由を明確にしないまま転職するとミスマッチにつながる可能性が高い
  • 自己分析で経験・スキルの棚卸しをおこなえば、面接官が納得できる志望動機作成につながる
  • 転職エージェントを利用すると書類添削・面接対策などの転職サポートが受けられる
スクロールできます
レバテックキャリア


レバテックキャリア

type転職エージェント



type転職エージェント

リクルートエージェント



リクルートエージェント
求人数24,000件以上30,000件以上400,000万件以上
料金無料無料無料
対応地域全国全国全国
職種IT・Web業界に特化全職種全職種
詳細詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
目次

システムエンジニア(SE)を辞めたいと考える理由

システムエンジニア 辞めたいと考える理由

システムエンジニア(SE)を辞めたいと考える理由としては、次のことが挙げられます。

それぞれ詳しく解説します。

システムエンジニア(SE)の方は、共感できる内容がないかどうか確認してみてください。

残業・休日出勤が多い

引用元:X(旧Twitter)

システムエンジニア(SE)を辞めたいと考える理由として、残業や休日出勤が多い点が挙げられます。

プロジェクトによっては納期がタイトになるケースがあり、納期近くで進捗が遅れていると、残業や休日出勤が発生します。

ワークライフバランスを充実させにくく、家族との時間やプライベートの時間を確保できないことから、辞めたいと感じている方も多いです。

ポンポル

クライアントの要望で大規模な仕様変更が生じる場合もあり、残業・休日出勤はさらに増えます。

人間関係が良くない

引用元:X(旧Twitter)

システムエンジニア(SE)は、クライアントやチームメンバー、他部署との連携など、多くの方とコミュニケーションを取る必要があります。

関わる人のなかには、自身が苦手に感じる人物が紛れている可能性もあり、人間関係が良くないことからシステムエンジニア(SE)を辞めたいと感じる方もいます。

話し合いで解決できない場合は、別のプロジェクトに変更してもらうなど、システムエンジニア(SE)自体を辞める前にしてみてください。

常に勉強し続けるのがつらい

引用元:X(旧Twitter)

常に進歩し続けるIT業界で働くシステムエンジニア(SE)は、知識やスキルを最新の状態で維持するために、継続した勉強が求められます。

近年発展しているIT技術
  • AI
  • 量子コンピューティング
  • AR・VR
  • ブロックチェーン
  • IoT …etc

生成AIやAR、VRなど多くの技術が発展していますが、今後も新技術の発展が予想されるでしょう。

プログラミング言語も仕様変更が頻繁におこなわれることがあり、勉強を続けていないと周りに置いていかれる可能性もあります。

そのため、IT業界のトレンドや最新技術の学習を続ける必要がある点を苦痛に感じ、システムエンジニア(SE)を辞めたいと考えている方は多いです。

業務に対して給料が低い

引用元:X(旧Twitter)

求人ボックスの調査によると、システムエンジニア(SE)の平均年収は約496万円です。

日本人全体の平均年収が約461万円であるため、比較的高水準であることはわかるでしょう。

しかし、システムエンジニア(SE)は高度な知識・スキルが求められるほか、覚えることも多く、人によっては給料が低いと感じるようです。

ポンポル

入社して時間がたっていない20代や未経験で入社した方は、給料が低い傾向にあります。

給料に不満があるため、システムエンジニア(SE)の仕事にやりがいを感じられず、辞めたいと考えている方も多いです。

客先常駐がつらい

引用元:X(旧Twitter)

企業によって異なりますが、システムエンジニア(SE)はクライアント先の企業で常駐して働くケースが多いです。

クライアントの雰囲気や環境に合わせて業務に取り組む必要があるため、人によってはプレッシャーや責任感を感じやすくなるでしょう。

また、プロジェクトごとにクライアントが変わるため、人間関係をはじめから毎回築き上げる必要がある点も、システムエンジニア(SE)を辞めたいと考える理由の1つです。

やりたい仕事に取り組めない

引用元:X(旧Twitter)

入社前にイメージしていた内容と実際に働いたときの業務が大きく異なり、システムエンジニア(SE)を辞めたいと感じている方も多いです。

ITエンジニアのなかでも複数の種類があるため、業務内容をそれぞれ把握しておく必要があります。

ITエンジニアの種類
  • プログラマー
  • インフラエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • セキュリティエンジニア …etc

たとえば、プログラミングで多くのものを作り上げたいと考えている方は、要件定義や設計などの業務に携わるシステムエンジニア(SE)の仕事が合わないと感じるでしょう。

ポンポル

ITエンジニアになる前には、自身がやりたいことと職種の業務内容が一致しているかよく確認しましょう!

システムエンジニア(SE)を辞めない方がよい人の特徴

システムエンジニア(SE)を辞めない方がよい人の特徴

システムエンジニア(SE)を辞めない方がよい人の特徴は、次のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

システムエンジニア(SE)を辞めるべきかどうか悩んでいる方は、すぐに転職するのではなく、辞めない方がよい人の特徴を確認してみてください。

システムエンジニア(SE)の業務自体は嫌いじゃない

システムエンジニア(SE)の業務自体は嫌いじゃない場合は、辞めない方がよいでしょう。

クライアントの要望をヒアリングし、要件定義書や設計書の作成、プログラミング、テストなどの業務に取り組みます。

また、論理的思考能力や問題解決能力、コミュニケーション能力など多くのスキルが求められますが、いずれもあらゆる職種で重要になるスキルです。

市場価値の高いスキルが身につく点はシステムエンジニア(SE)の特徴であるため、システムエンジニア(SE)の業務自体は嫌いじゃない方は、すぐに辞めないようにしましょう。

ポンポル

自己分析で理想の働き方を洗い出し、環境を変えてシステムエンジニア(SE)として働くとよいです。

入社してから日が浅い

入社してから日が浅い方も、システムエンジニア(SE)を辞めない方がよいでしょう。

入社してから1年未満で転職を重ねていると、次に転職したい場合に「またすぐ辞めてしまうのではないか」「忍耐力がないのではないか」などの印象を面接官に与える可能性があります。

未経験からシステムエンジニア(SE)に就職した場合は、短期間で知識・スキルを身につけるのが難しく、向いていないと感じる方もいるでしょう。

システムエンジニア(SE)の知識・スキルは、現場での業務を通じて身についてくるため、根気強く働くことも重要です。

ポンポル

ただし、心身に不調がある場合などは手遅れになる前に退職・転職する必要があります。

労働環境が原因で辞めたいと考えている

労働環境が原因で辞めたいと考えている方は、システムエンジニア(SE)を辞めてしまうと後悔する可能性があります。

労働環境が悪い例
  • 残業代が支給されない
  • 残業・休日出勤が多い
  • 人間関係が悪い
  • 有給休暇を取得しづらい …etc

残業・休日出勤が多いことや、人間関係が悪いことなどさまざまな理由がありますが、労働環境が原因の場合は転職や相談によって解決できる可能性が高いです。

人間関係が悪い場合はプロジェクトを変更してもらったり、残業が多いと感じる場合はワークライフバランスを重視した企業へ転職したりするとよいでしょう。

システムエンジニア(SE)を辞めるべき企業の特徴

システムエンジニア(SE)を辞めるべき企業の特徴

反対にシステムエンジニア(SE)を辞めるべき企業の特徴は、次のとおりです。

自身の企業が特徴に当てはまらないかを確認し、当てはまる場合は早めに退職や転職を検討するようにしましょう。

社員を大切にしない企業

社員を大切にしない企業は、早めに辞めた方がよいでしょう。

次のようなケースに当てはまる場合は、社員を大切にしない企業の可能性があります。

社員を大切にしない企業の特徴
  • パワハラやセクハラなどのハラスメントが横行
  • 目先の利益から無理な納期で案件を受注する
  • 利益を社員に還元しない

社員を大切にしない企業の特徴に当てはまる環境で働いている場合は、徐々にストレスが蓄積され、心身に不調が起きる可能性が高いです。

相談しても改善しない場合は、社員を大事にする環境が整備された企業への転職を検討してみてください。

多重下請け構造の下位層に位置する企業

IT業界は、クライアントから元請け企業に委託された業務を、2次受け、3次受けと何層にもわたって再委託される多重下請け構造となっています。

下位層に位置する企業になるほど、テストや資料作成などの単純作業が多くなり、システムエンジニア(SE)としてのスキルアップの機会が少ないです。

市場価値の高いシステムエンジニア(SE)になるためには、多重下請け構造の上位層に位置する企業へ転職するようにしてください。

人手不足で労働環境が悪い企業

常に人手不足で労働環境が悪い企業は、早めに辞めた方がよいでしょう。

一人当たりの業務量が多く、許容範囲を超えた状態でタスクを処理続けていると、心身ともに限界を迎える可能性が高いです。

残業や休日出勤が常態化している企業も存在しており、より多くのストレスを抱える原因にもなります。

ワークライフバランスの充実や、安定した精神状態でシステムエンジニア(SE)として働くためには、人材がある程度充足しており、労働環境の整備された企業への転職が望ましいです。

ポンポル

有給休暇を取得しやすい環境の企業を探しましょう!

同じような仕事でスキルアップが見込めない企業

同じような仕事が多く、システムエンジニア(SE)としてのスキルアップが見込めない企業は早く辞めるべきです。

スキルアップのためには、さまざまな業務を経験したうえで、自然と知識・経験、スキルを身につけていく必要があります。

1つの作業を繰り返していても市場価値の高い人材にはなれず、転職の際に不利になるため、スキルアップのためにも早めの転職を心がけましょう。

システムエンジニア(SE)を辞めたいと感じた場合に取るべき行動

システムエンジニア(SE)を辞めたいと感じた場合に取るべき行動

システムエンジニア(SE)を辞めたいと感じた場合は、まずは次のような行動を取るようにしてください。

それぞれ詳しく解説します。

内容を参考に自身がどのような行動をとるべきか、把握しておきましょう。

システムエンジニア(SE)の将来性に目を向ける

IT技術の発展が著しい現代では、システムエンジニア(SE)の市場価値は高いです。

今後も多くの技術が発展すると考えられており、将来性の高い職種といえるでしょう。

また、IT人材不足もIT業界では問題視されており、人材の足りていないなかシステムエンジニア(SE)としてのスキルがあると重宝されます。

経済産業省の調査では、将来40〜80万人のIT人材が不足すると報告されています。

システムエンジニア(SE)の将来性をよく考えたうえで、自身が本当に辞めるべきなのかどうかを判断しましょう。

現在の職場で改善できないか考えてみる

システムエンジニア(SE)を辞めたいと考える理由が、労働環境や人間環境が原因の場合は、現在の職場で改善できないか考えるようにしましょう。

たとえば、残業や休日出勤が多い場合は、上司や労務に相談してみると改善してもらえる可能性があります。

プロジェクト内での人間関係が悪い場合は、別のプロジェクトに変更してもらえないかを相談すると、解決できるかもしれません。

ただし、職場でのストレスで心身に大きな悪影響を及ぼしている場合は、うつ病などの精神的な病気を患うまえに、辞めるべきでしょう。

心身に不調がある場合は早期転職を検討する

システムエンジニア(SE)の仕事で心身に不調がある場合は、早期転職を検討するようにしてください。

うつ病のような病気を患うと、回復までに時間を要し、収入が得られなくなることや再就職のブランクができてしまうなどのデメリットがあります。

そのため、可能な限り早めに転職活動をおこなうようにしましょう。

ホワイト企業の特徴
  • 離職率が低い
  • 残業時間が短い
  • 有給取得率が高い
  • 年収が高い
  • オフィス環境が整備されている ..etc
ポンポル

どうしてもつらい場合は、退職して休職するのも1つの方法です。

システムエンジニア(SE)の経験やスキルが活かせるおすすめの転職先

システムエンジニア(SE)の経験やスキルを活かせるおすすめの転職先は、次のとおりです。

システムエンジニア(SE)の経験やスキルが活かせるおすすめの転職先

それぞれの職種の特徴を詳しく解説します。

システムエンジニア(SE)を辞めたあとの転職先に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ITコンサルタント

ITコンサルタントとは、クライアント企業の経営課題や戦略をヒアリングし、適したITツールの導入・支援、IT投資計画の策定などをおこなう職種です。

ITコンサルタントに転職するメリット
  • 高年収を実現できる
  • 刺激的な環境で働ける
  • コミュニケーション能力が身につく

コミュニケーション能力やクライアントの課題を適切に把握するヒアリング力が求められるため、システムエンジニア(SE)で培った経験が活かしやすい点も大きな特徴になります。

また、より上流工程に携わりたいと考えている方にもおすすめです。

社内SE

システムエンジニア(SE)を辞めたい方は、社内SEへの転職もおすすめです。

社内SEは、主に社内の経営課題をITで解決したり、業務効率化に取り組んだりする職種です。

社内SEへ転職するメリット
  • ワークライフバランスを充実させられる
  • 勤務先が基本的に社内
  • 上流工程に携われる

納期の融通が利きやすいため、残業・休日出勤が少なく、ワークライフバランスを充実させられる点が大きな特徴になります。

また、上流工程から携われるほか、クライアントが社内の人間となるため、客先常駐が苦痛に感じている方にもおすすめです。

ポンポル

社内SEとして働いていますが、残業は月0時間の場合も多くワークライフバランスを充実させたい方におすすめです!

フリーランスSE

システムエンジニア(SE)を辞めたいと考えている方は、フリーランスSEになることも視野に入れてみてください。

フリーランスSEになるメリット
  • 案件を自身で選べる
  • 年収を上げられる
  • 仕事や時間の自由度が高い

フリーランスSEは案件を自身で選べるほか、仕事の時間や仕事量の自由度も高く、無理なく働けます。

高単価の案件を受注すると今よりも年収を上げられるため、システムエンジニア(SE)よりも高年収を実現できる可能性が高いです。

働く場所も自由に選べる場合が多いため、自由度の高い職種への転職を考えている方は、フリーランスSEになることを検討してみてください。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーも、システムエンジニア(SE)の転職先の1つです。

プロジェクトマネージャーに転職するメリット
  • 高年収を実現できる
  • 人脈を広げられる
  • 独立につながる

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの予算・スケジュール管理や、開発に必要なメンバーを決定し、チームを作成してプロジェクトに取り組みます。

システムエンジニア(SE)からプロジェクトマネージャーに転職すると、高年収を実現できる可能性が高く、年収アップさせたいと考えている方におすすめです。

また、業務を通じて多くの方とかかわるため、人脈を広げられるほか、築いた人脈やプロジェクトマネージャーの経験を活かして独立もできます。

将来起業やフリーランスでの働き方を検討している方は、人脈形成ができるプロジェクトマネージャーへの転職もおすすめです。

IT営業

システムエンジニア(SE)のスキルに不安がある方は、コミュニケーション能力の活かせるIT営業への転職がおすすめです。

IT営業に転職するメリット
  • 成果が給料に反映される
  • システムエンジニア(SE)での知識・スキルを活かせる
  • 高度な営業力が身につく

IT営業は、クライアントの課題をヒアリングし、ITツールやシステムで解決する方法を提案する職種です。

ITツールやシステムに関する商材を紹介するため、専門的な知識が求められますが、システムエンジニア(SE)で身につけた経験が活かせます。

また、主にサービスやシステムなどの無形商材を紹介するため、より高度な営業力が身につくでしょう。

成果に応じて給料にダイレクトに反映される点も特徴であり、頑張りを正当に評価されたいと考えている方におすすめです。

システムエンジニア(SE)から転職する際に注意するべきポイント

システムエンジニア(SE)から転職する際は、次の点に注意してください。

それぞれ詳しく解説します。

注意点を事前に確認しておき、システムエンジニア(SE)からの転職の失敗を可能な限り防ぎましょう。

転職したい理由を明確にしないままの転職は避ける

システムエンジニア(SE)から転職したいと考えている方は、転職したい理由を明確にしないまま活動しないようにしましょう。

どのような理由で転職したいのかを明確にしないまま転職すると、転職後に現職よりも劣悪な環境に置かれる可能性があるでしょう。

再度転職を検討したくなりますが、適当な転職を繰り返していると、経歴に傷がつくため今後の転職活動で不利になります。

短期間で転職を繰り返す人のことをジョブホッパーと呼びます。

年齢が上がるたびに求められる経験・スキルのレベルも高くなり、転職がより困難となるため、転職したい理由を明確にしたうえで、慎重に転職活動をおこないましょう。

簡単にシステムエンジニア(SE)を辞める決断をしない

システムエンジニア(SE)は、新技術の発展が著しく、IT人材不足が問題視されている現代では、市場価値が高く将来性のある職種です。

待遇の悪さや労働環境の悪さで辞めたくなるかもしれませんが、システムエンジニア(SE)自体を簡単に辞めてしまわないようにしましょう。

転職したい理由を明確にし、自己分析や企業分析、面接対策などを入念におこなえば、転職によって現況を変えることは十分に可能です。

在籍中の企業で改善できないかを相談し、転職は最終手段として考えるとよいです。

転職を繰り返しすぎないようにする

システムエンジニア(SE)に不満を抱えて、目的もなく適当に転職を繰り返すことは避けましょう。

早期転職を繰り返していると、企業の面接官から「またすぐ辞めてしまうのではないか」とネガティブな印象を与えてしまいます。

転職活動の難易度が高くなるため、よほどの理由がない限りは、転職を繰り返しすぎないようにしましょう。

システムエンジニア(SE)からの転職を成功させるコツ

システムエンジニア(SE)からの転職を成功させるコツ

システムエンジニア(SE)からの転職を成功させるためには、次のコツを押さえておきましょう。

納得のいく転職を実現するためにも、転職を成功させるコツを確認し、転職を成功させましょう。

転職したい理由を明確にする

システムエンジニア(SE)を辞めて転職する場合は、転職したい理由を明確にしましょう。

転職したい理由の例
  • 業務にやりがいを感じられない
  • 残業・休日出勤が多い
  • 人間関係が悪い
  • 年収に不満がある
  • 常に勉強し続けるのがつらい

人によって転職したい理由は異なりますが、明確にしないまま転職すると、転職後に希望条件と異なる企業へ転職してしまい、後悔する可能性が高くなります。

なぜシステムエンジニア(SE)を辞めたいのかを明確にし、希望条件を洗い出したうえで、転職活動をおこなうようにしてください。

自己分析で経験やスキルの棚卸しをおこなう

システムエンジニア(SE)からの転職を成功させたい場合は、自己分析で経験やスキルの棚卸しを入念におこないましょう。

システムエンジニア(SE)で身につくスキルの例
  • 論理的思考能力
  • プログラミング能力
  • 問題解決能力
  • コミュニケーション能力
  • ヒアリング能力
  • 提案力 …etc

業務を通じて多くのスキルが身につくシステムエンジニア(SE)ですが、保有しているスキルを明確にしておくと、どのような職種に適正があるのかを確認できます。

また、スキル以外に経験も確認しておくと、面接の際に面接官が納得できる具体的な説明ができるようになるため、採用してもらえる可能性が高くなります。

業界・企業分析を徹底しておこなう

業界・企業分析を徹底しておこなうことも、システムエンジニア(SE)からの転職を成功させるために重要です。

興味のある業界の動向や企業の業務内容、社風などを事前に確認しておくと、面接の際に熱意をアピールできます。

企業研究も徹底しておこなえば、説得力のある志望動機作成につながるため、採用してもらえる可能性が高くなるでしょう。

転職エージェントを利用する

システムエンジニア(SE)からの転職を成功させるためには、転職エージェントの利用もおすすめです。

転職エージェントを利用するメリット
  • 書類添削・面接対策が受けられる
  • 希望条件に適した求人紹介が受けられる
  • 求人のみでは知ることのできない情報を共有してもらえる
  • 内定後の条件交渉を代わりにしてもらえる

履歴書や職務経歴書の添削、面接対策などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

自己分析や企業分析も一緒にしてもらえるほか、希望条件に適した企業の求人紹介が受けられるため、転職後のミスマッチ防止にもつながります

ポンポル

社風や求める人物像など、求人からは知ることのできない情報も共有してもらえます!

内定後も年収や待遇などの条件交渉を代わりにしてもらえるため、より条件にマッチした企業へ転職できる可能性が高くなるでしょう。

システムエンジニア(SE)からの転職でおすすめの転職エージェント

システムエンジニア(SE)からの転職でおすすめの転職エージェントは、次のとおりです。

システムエンジニア(SE)からの転職でおすすめの転職エージェント
  • レバテックキャリア
  • type転職エージェント
  • リクルートエージェント

それぞれ特徴やおすすめできる点を詳しく解説するので、自身に適した転職エージェントを利用し、転職活動を有利に進めましょう。

スクロールできます
レバテックキャリア


レバテックキャリア

type転職エージェント



type転職エージェント

リクルートエージェント



リクルートエージェント
求人数24,000件以上30,000件以上400,000万件以上
料金無料無料無料
対応地域全国全国全国
職種IT・Web業界に特化全職種全職種
詳細詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

レバテックキャリア

レバテックキャリア

出典:レバテックキャリア

レバテックキャリアの特徴
  • IT・Web業界に強いキャリアアドバイザーからサポートが受けられる
  • 求人情報のみでは知ることのできない情報を共有してもらえる
  • 業界最大級の求人数

レバテックキャリアは、IT・Web業界に特化した転職エージェントです。

IT・Web業界に精通したプロのキャリアアドバイザーから、最適な転職サポートが受けられるため、安心して転職活動を進められます。

年10,000回以上の企業訪問で現場のリアルな情報を収集している点も、大きな特徴です。

社風や具体的な業務内容、求める人物像などの求人だけでは知ることのできない情報を共有してもらえるため、納得のいく転職を実現しやすいでしょう。

また、業界最大級の求人数を保有している点もメリットの1つです。

保有求人の種類
  • リモートワーク、副業可
  • 上流工程
  • 大手企業の求人
  • 自社開発
  • 新規開発 …etc

さまざまな種類の求人を保有しているうえ、全国に対応しています。

システムエンジニア(SE)は辞めたいけど、スキルを活かしてIT・Web業界での転職を検討している方は、IT・Web業界の転職に特化したレバテックキャリアがおすすめです。

\ IT・Web業界の転職に強い /

type転職エージェント

type転職エージェント

出典:type転職エージェント

type転職エージェントの特徴
  • 求人にはない独自情報を教えてもらえる
  • 34万人以上の豊富な転職実績がある
  • IT・営業・ハイクラスの転職に強い

type転職エージェントは、IT・営業・ハイクラスの転職に強い転職エージェントです。

25年以上の運営実績があるほか、34万人以上の転職サポートしてきた実績があるため、信頼度の高いサービスです。

転職ノウハウや過去の選考データから、最適なサポートが受けられるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

5つの領域別アドバイザーが在籍
  • IT・Web
  • 営業
  • 事務・管理
  • 販売・サービス
  • ハイクラス

過去の経験職種にあわせて、5つの専門知識を保有した領域別アドバイザーが転職活動をサポートしてくれます。

システムエンジニア(SE)で身につけた経験やスキルを活かせる最適な求人を紹介してもらえるため、希望条件にマッチした企業に転職できる可能性が高いでしょう。

IT・営業・ハイクラスへの転職を検討している方は、豊富な転職サポートが受けられ、運営実績の多いtype転職エージェントがおすすめです。

\ IT・営業・ハイクラスの転職に強い /

リクルートエージェント

リクルートエージェント

出典:リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴
  • 業界最大級の求人数
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 充実した転職サポートが受けられる

リクルートエージェントは、株式会社リクルートが運営する大手の転職エージェントです。

多くの業界の求人を取り扱っているほか、各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しており、最適な転職サポートが受けられます。

求人数も2024年7月の時点で41万件以上保有しており、転職先の選択肢は非常に多いといえるでしょう。

非公開求人も36万件以上(2024年7月時点)保有しています。

また、過去の豊富な転職支援実績から充実した転職サポートが受けられる点も大きなメリットです。

書類添削や面接対策に加えて、独自分析した情報提供など、より希望条件にマッチした企業へ転職したい方におすすめです。

\ 多くの業界・職種で充実したサポートが受けられる /

システムエンジニア(SE)辞めたいに関するよくある質問

システムエンジニア(SE)を辞めたいに関するよくある質問は、次のとおりです。

それぞれ詳しく解説します。

同様の悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

未経験業界に転職すると年収は下がりますか?

業界によって異なりますが、マネジメント経験のある方は年収を上げられる可能性があります。

管理職のようなマネジメントスキルが求められる職種は、比較的年収が高い傾向にあるためです。

ポンポル

システムエンジニア(SE)のスキルがまったく活かせないような職種の場合は、年収が下がる可能性があります。

エンジニアが人材不足な理由はなぜですか?

経済産業省の調査によると、2030年には最大79万人のIT人材が不足すると報告されています。

エンジニアが不足する理由としては、次のことが挙げられるでしょう。

IT人材が不足している理由
  • IT需要の拡大
  • 少子高齢化による労働人口の低下

AIやVR、ARなど最新技術が続々と登場するIT業界では、需要に人材の供給が追いついていません。

また、日本では現在少子高齢化が進んでおり、そもそもの労働人口が低下していることも、理由の1つです。

システムエンジニア(SE)のやりがいを教えてください。

システムエンジニア(SE)のやりがいは、次のとおりです。

システムエンジニア(SE)で得られるやりがい
  • 専門的なスキルや汎用性の高いスキルが身につく
  • プロジェクト完遂時に達成感を得られる
  • 将来性の高い職種
  • 高年収を実現できる
  • 業務が社会貢献につながる …etc

複数のやりがいがシステムエンジニア(SE)にはありますが、プログラミングスキルや業務効率化スキルなど、専門的かつ汎用性の高いスキルが身につく点は、やりがいの1つといえるでしょう。

また、将来性の高い職種であり、職種や役職によっては高年収も実現できます。

システムエンジニア(SE)からの転職は慎重におこなうようにしましょう!

システムエンジニア(SE)を辞めて転職する場合は、次のようなことを意識すると、転職が成功する可能性が高くなります。

システムエンジニア(SE)からの転職を成功させるコツ
  • 転職したい理由を明確にする
  • 自己分析で経験やスキルの棚卸しをおこなう
  • 業界・企業分析を徹底しておこなう
  • 転職エージェントを利用する

簡単にシステムエンジニア(SE)を辞める決心をするのではなく、転職したい理由を明確にしたり、自己分析で経験・スキルの棚卸しをしたりと、入念な準備が重要です。

また、より転職を成功させる確率を高めたい方は、転職エージェントの利用もおすすめです。

書類添削や面接対策などのサポートが受けられるほか、希望やスキルにマッチした求人を紹介してもらえるため、納得のいく転職を実現しやすくなります。

スクロールできます
レバテックキャリア


レバテックキャリア

type転職エージェント



type転職エージェント

リクルートエージェント



リクルートエージェント
求人数24,000件以上30,000件以上400,000万件以上
料金無料無料無料
対応地域全国全国全国
職種IT・Web業界に特化全職種全職種
詳細詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次